アラフィフ女の一人旅 【車中泊】鳥取県 牛に会いにいく 後編 #5

※本ページはプロモーションが含まれています。
車中泊 小旅行

▶︎赤崎町漁協 直売センターからおはよう

波の音。耳に優しい・・・
普段は田舎暮らしなので、この時期はウグイスの声で目が覚めるのですが、今日はいつもと違う。
「ザァーーーー。ザァーーー。」
まるで映画の中のワンシーンのように・・


きっとアチキはヒロインなのだと、勘違いをする(w
「おはようございます。」
毎回、この言葉からのスタートですね。
だって、朝起きた時からのスタートだからこうなりますよね。
昨日からお世話になっている赤崎町漁協 直売センターさんからお送りしております(w

ここも車中泊の方がとても多く静かが好みの方にはちょっと向いてないかも・・
逆に女性の方は安心感はあると思います。
なんかあれば叫べばなんとかなりそう。
後、トイレもとっても綺麗でした←ここ重要!

アチキはどこでも3秒で寝れるので、人の声や車の音など全く気になりませんが。

さて、今日も朝のコーヒーを頂きながら、
久々にメスティンでご飯でも炊きましょう。

昨日はこってり食べすぎたので、朝はあっさり味噌汁と明太とご飯でキメます。
ん〜〜、サイッコー。ご飯と明太の組み合わせってこれに勝るものなし!って感じですね。

お腹が膨らんでもう一寝入りしてしまいそうなので、出発します。

「おせわになりました」

赤碕町漁港 直売センター

 

▶︎鳴り石の浜

パンフレット見てたら割と近いところにありそうなので、寄り道します。
鳴り石って石が鳴るんでしょうかねぇ。

あいにくの爽やかな曇り空(w

「どないやねんって!」

10分程車を走らせた所に「鳴り石の浜」があります。
朝が早いので、人も車も全くなく貸切状態。
案内の看板にザッと目を通し、何となく由来が分かったところで
海岸に向けて降りていきます。

うぉぉ!すごい👍

波に打たれて角が取れ丸くなった石たちが、
砂浜の代わりに沢山打ち上げられています。

「やっぱ人も沢山波に打たれて丸ならんとあかんねんね」

と、自分に言い聞かす。

耳をすませば、「ゴロゴロゴロ〜」波が引いていくと同時に石たちが鳴り響いています。

「願いが叶う鳴り」「夢が叶う鳴り」

なるほど・・・・圧巻の景色です

あちらこちらで石が積み上げられています。
願いを叶えるための儀式のようなものでしょうか?

なんだかイメージ的に三途の川を渡る時に石積みあげるよねぇ〜
って、思ってしましまったけど・・・

アチキもチャレンジしてみます。
こういう細かい作業苦手なので、一度失敗!

欲張らず小さく積み上げよう〜。大成功!

「夢 叶えてなんぼ鳴り」

さて、次の目的地へ

鳴り石の浜

▶︎大山まきばみるくの里

本命の大山!牛に会いに行くよ〜
昨晩、散々焼肉食べて何なんですが💦

食肉牛とホルスタインはちゃうんで・・・

大山までの道のりが森林に囲まれていて、とっても気持ちの良いドライブ。
ここを通り抜けているだけで、森林浴というかすっごいヒーリング効果がありそう。

気分もめっちゃ上がってくる。
音楽やラジオなんかいらない。
自然の音が耳に優しく、日差しが柔らかい。
今まであった全ての嫌なことを全部吸い取ってくれる。
「ありがとう」
ず〜〜っとこうしていたい。

が、牛が、牛が見えてきた!

違うスウィッチが入った(w

切り替えはや!

空にそびえ立つ大山、そのふもとでのんびり過ごす牛達。
写真のように止まって見えます。

何時間でも眺めていられる。のどかな風景。

お店も開店前でまだあいていないので、ここでのんびり眺めています。

「あぁ〜。気持ち良い〜サイッコー」

ちょっと、ウトウト寝てしまう・・ありゃ💦

と、あたふたしている間に

お店が開店してお土産をゲッツ!🖐️

どこから湧いてきたか、カップルやファミリーだらけの中で一人、
下界を眺めながらアイスクリームを堪能しました。

また、一ついい思い出ができました。

恥ずかしながら自撮りしてるし、そのデーターなかったし(w

ちょっとイタイけど・・・

大山まきばミルクの里

 

▶︎蒜山高原サービスエリア

さぁー、帰ろう。

明日から現実の仕事が待っている。

社畜から解放されたくて田舎暮らし始めたのに、火事に見舞われたことによって、結局社畜となってしまった現在。

でも、火事によって車中泊をポジティブに楽しむことができたし

田舎暮らしもそれなりに堪能している。

「これで、いいのだ!」バカボンパパより

来る時は日本海側から車を走らせたので、帰りは岡山方面から帰路に向かいます。

大山の裏側が、蒜山というらしいです。

あんまり、その辺の知識がなかったのですが、

帰りに立ち寄ったサービスエリアの焼きそば屋のおっちゃんが教えてくれました。

「蒜山焼きそば」「鬼そば」が名物らしいです。

ちょっとピリ辛のアチキ好みの味♡

美味しかったです。

今回の旅でまたまた力をもらいました。

人って何度失敗して不幸に見舞われても、やり直しきくって!

これ以上の不幸はないって、死にたいとか思ったとしても

きっと大丈夫!「何とかなる」

意外と世の中捨てたもんじゃないよ。

だって、アラフィフでも人生半分以上終わったアチキでも、やり直せるんやでぇ♪

人間生きてるだけで丸儲け by 明石家さんま


       

コメント

タイトルとURLをコピーしました